スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
entry_bottom
バレーボールワールドグランプリ2013
バレーボールワールドグランプリ2013 札幌大会|日程・放送予定
バレーボールワールドグランプリ2013 ファイナルラウンド札幌大会の日程が決定しました。8月...(続きを読む)


バレーボールワールドグランプリ2013 あと、1ヶ月切りましたね。 ところで、ワール...
バレーボールワールドグランプリ2013 あと、1ヶ月切りましたね。 ところで、ワールドグランプリの主旨についての質問なんですが、アジアを中心とするバレーボールの発展の為の大会となっ てます。 しかし、アジア代表は今年は4ヵ国。 ヨーロッパ代表に限っては異例の9ヵ国なんですよ!! たしかにヨーロッパはランキングが低くても強い国が多いです。 あまり知られない、チェコ、ブルガリア、イスラエル、フランス、クロアチア、ルーマニア等。 なのでどうしても、この多さに疑問を抱きます。客観的にはヨーロッパの国が多いのは見応えあるし、納得です。 しかし、アジアの、台湾、インドネシア、ベトナム等、アジア枠を増やしてあげてもいいと思いませんか?? アフリカもそろそろ枠を増やしてあげて欲しいと、思っています。 アフリカに限っては世界大会に出場出来る機会が一枠なので、毎年可哀想だなぁと思っています。 逆に大会のチーム国を増やしても試合数が多くなるのでそれはそれで難しいですが、今回のグランプリも出場国が20ヵ国ですか? 私が最初に見たグランプリは8ヵ国のみ。 本当に大きくなりバレーボールの発展も凄まじいとかんじましたが、このヨーロッパ重視の大会、日本開催は除き、皆さんはどうお考えですか? やはりヨーロッパの出場枠が多い方が妥当なのでしょうか? というか、力的にヨーロッパが強いから単に多くしているのでしょうか? するとアジアのバレーボール発展のためのグランプリは単にヨーロッパの国がランキングを上げるための大会でしかないようにも思えてしまってなりません。 ヨーロッパの中堅所の国々もあまり世界大会に出場する機会がないので、いいとも取れますけどね、、、 難しい質問やもわかりませんが、皆様の回答お願いしますm(__)m(続きを読む)


<おすすめ>
五浅海れいかの感想  鳴門うどんの隠れた美味しさ  新着教材  12hdsedf  五浅尾ぞうらの感想  すろんめのブログ  国立音楽大学55のブログ  一朝生はれこの感想  伊勢うどんってどんなもの?

- | comments(0) | trackbacks(0)
entry_bottom
スポンサーサイト
- | - | -
entry_bottom
Comment
コメントする









entry_bottom
Trackback
この記事のトラックバックURL
http://13hgedr.jugem.jp/trackback/325
TRACKBACK BOTTOM
shelf
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
recent_entry
archives
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
RECOMMEND
SPONSORED LINK
LINK
PROFILE
MOBILE
qrcode
links
search